End roll-エンドロール-最後に訪れるCafeBar

秋葉原

画像は公式Xより引用

安らぎの終着点、End roll

秋葉原のコンカフェ「End roll-エンドロール-最後に訪れるCafeBar」は、行き場に迷った方が安心して楽しめる居場所を提供するユニークなお店です。
「お店がたくさんあってどこに行けば?」という悩みを解消し、訪れた方が「来てよかった」と思えるような空間を目指しています。

他店との大きな違いは、「物語の終わり」にふさわしい落ち着いた雰囲気です。
日々の喧騒から離れ、ゆったりとした時間を過ごせる場所として、多くの方に支持されています。
安心して楽しめる、居心地の良さをテーマにしたコンセプトカフェとして、秋葉原の中でも独自の位置づけを確立しています。

上品で落ち着きのある空間

End rollの店内は、赤と黒を基調とした上品でシックな雰囲気が特徴です。
現実でありながらどこか非現実的な空間は、疲れた心と体を癒すのに最適です。
落ち着いてお酒を楽しめる環境が整っており、日常から離れた静かなひとときを過ごすことができます。

座席は全11席と、こじんまりとした空間ながら、カウンター席やテーブル席など、お客様の好みに合わせて選べるようになっています。
どの席からも店内の雰囲気を堪能でき、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
WiFiも完備されており、デジタル機器を使用しながらくつろぐこともできます。

ゴシック調の魅力的なキャスト

End rollでは、ゴシック系の可愛らしいメイドさんたちがお客様をおもてなしします。
オリジナルの衣装に身を包んだキャストたちは、お店のコンセプトにぴったりとマッチした雰囲気を醸し出しています。

キャストの衣装は、黒と赤を基調としたゴシック調のデザインが特徴的です。
黒のベースに赤のアクセントが効いており、End rollの雰囲気にぴったりとマッチしています。
ドレスは黒を基調としており、胸元に赤いネクタイのようなデザインが施されています。
袖口には赤い縁取りがあり、全体的なデザインにアクセントを加えています。
腰には白いストライプのベルトが巻かれており、シルエットを引き締めています。
スカート部分は二層構造になっており、上層は黒のプリーツスカート、下層は赤いレース素材のスカートが見えています。
この組み合わせが、エレガントさとゴシック的な雰囲気を同時に演出しています。

この衣装は、End rollのコンセプトである「物語の終わり」にふさわしい、エレガントでありながらも少し物悲しさを感じさせるデザインとなっています。
キャストたちは、この衣装を身にまとうことで、お客様に独特の雰囲気と癒しの時間を提供しています。

リーズナブルな料金システム

End rollの料金システムは、チャージ料金は1時間800円(税込)で、以後30分ごとに400円(税込)となっています。
1時間ワンドリンク制で、ドリンクは各種600円からとなっています。

メニューは豊富で、アルコール類やソフトドリンクなど、幅広い選択肢があります。
お酒を多く飲まれる方には、お得なボトルキープ制度も用意されています。
予算は3,000円からと、比較的リーズナブルな価格設定になっているため、長時間滞在してもコストを抑えることができます。

心安らぐ秋葉原の隠れ家

End rollは、秋葉原の喧騒から離れ、ゆったりとした時間を過ごしたい方にぴったりのお店です。
落ち着いた雰囲気、親切なキャスト、リーズナブルな料金システムが魅力で、多くのお客様に愛されています。

お店選びに悩んだ際は、ぜひEnd rollを訪れてみてください。
心からリラックスできる空間で、素敵な思い出を作ることができるでしょう。
秋葉原でほっと一息つきたい方、安らぎのひとときを求める方にとって、End rollは理想的な終着点となるはずです。

店舗情報

店名End roll-エンドロール-最後に訪れるCafeBar
住所東京都千代田区神田松永町17-3 秋葉原妙見屋ビル6階
アクセスJR秋葉原駅昭和通り口より徒歩3分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 徒歩3分
都営新宿線 岩本町駅 徒歩6分
営業時間月~木:18:00~23:00
金土/祝日前:18:00~5:00
定休日元日
システムチャージ料金1時間800円(税込)、以後30分ごとに400円(税込)
1時間ワンドリンク制
支払い方法クレジットカード可
公式Xhttps://x.com/Endrollakiba
0 0
評価
0 クチコミ
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る

地域別ランキング

特集記事

0
このお店のクチコミを投稿してくださいx